3分で学べるカンタン恋愛心理テクニック3選

モテるためには男として魅力的になることが一番だが、恋愛において小技、裏技のようなテクニックがない訳ではない。
今回は実用的な恋愛テクニックを紹介していこうと思う。

 

名前を呼ぶ!

ただ、相手の名前を会話中で頻繁に口にする。とっても簡単である。LINEテクニックこちらでも紹介しているのでぜひご覧いただきたい。
人間は自分の名前を呼ばれると関心を向けてしまう生き物。名前を呼ばれるだけで潜在的に「自分の存在、価値を認めてくれている」と感じる。

あなたが朝女の子と会ったときに、挨拶されるとしたら、どちらがいいだろうか。

「おはよう」

「○○君、おはよう!」

後者の方が気持ちが良くないだろうか?
ちょっとした会話でも、名前を呼ぶだけで親密度を上げることができる。

私の女友達でこの技の達人がいる。
「○○君はさ、どう思う?」「○○君おつかれさま!」「ありがとう○○君!」「○○君ごめんね返信遅れて〜」
とにかく名前を呼んでくれるのだ。しかも自然に。

最初この子のことはなんとも思ってなかったが、会話をしていくと正直好きになってしまった。名前を呼ばれるということは嬉しい。
名前を呼ぶ魔力を感じた瞬間である。

実際あんまり名前を呼んだら違和感を感じられてしまうかも?と思われるかもしれないが、違和感は不思議と感じない物だ。どんどん名前を呼んでいこう。

相手の動きをマネする

これは有名でご存知かもしれないが、心理術に「ミラーリング」というものがある。

例えばあなたが女の子と一緒にカフェでくつろいでいるとする。女の子が飲み物を飲めば、あなたも合わせて飲みものを飲む、といった具合だ。しぐさや体勢などをさりげなくマネるのだが、あまりにも不自然だったり、無理をしてまでマネをするとおかしいことになってしまうので注意だ。

人は、自分と似た人を好きになる類似性の法則がある。
趣味が似ていたり、同じ食べ物が好きだったり、誕生日が同じだったり、、

相手と似ている自分を演出することで、相手は徐々に心を開いてくれるはずだ。

ドアインザフェイスを使う

これも有名な心理学テクニックだ。


二人は最近仲良くなった設定。
男「今度ディズニーランド二人でいかない?」
女「えっ二人?うーんみんなでなら、、笑」
男「じゃあさ、恵比寿のおいしいパスタ食べにいかない?」
女「うーんそれならいいかな」

最初に明らかに断られるであろう提案をし、後で本命をぶつけるのが、このドアインザフェイスだ。


店員「掃除機をお探しとのことですが、お話を伺ったところこちらの掃除機がおすすめです。」
客「うーん5万はちょっと高いなあ」
店員「それでしたらこちらはいかがでしょう。性能はほぼ変わりませんが、値段は半分の2万5千円です。」

こう言われたら、なんだか安く見え、お得に思えてしまうのではないだろうか。
最初から2万5千円の掃除機を見せられるより、はるかに効果的だ。

 

何か提案、頼み事をする時は、最初に本命より上のお願いをしてから、本命のお願いをぶつけるとぐっと成功率を高めることができる。これは日常あらゆるシーンで応用可能なので、ぜひ活用してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA