※悪用厳禁※ 今すぐ使える女子が落ちてしまうLINEテクニックとは?

コミュニケーションにLINEは必要不可欠な存在ですよね。
今回はLINEで誰でも簡単に実践できる小技、テクニックを紹介していこうと思います。

相手の名前を入れまくる

とにかくメッセージに相手の名前を入れる。
例えば、好きな女の子の名前が可奈ちゃんだとします。
そしたら、何回もLINEで”可奈ちゃん”と入れる。これだけです。

おはようとLINEを送るにしても、ただ「おはよう」と打つよりも、「可奈ちゃんおはよう」と送った方が良いよいうこと。
可奈ちゃんのバイトが終わったとき、「お疲れさま」よりも「可奈ちゃんお疲れ様」の方が好印象です。
実際やってみようとするとちょっと恥ずかしい気持ちになるかもしれません。
しかし実践できている男は多くないので差をつけるチャンスです。
マメな男がモテるとはよくいいますが、継続して名前を呼び続けることは効果的な恋愛テクニックです。

注意したいのは、相手からの印象が悪い状態でこれをやると、ただのうざいやつになってしまうので、相手からのイメージがマイナスの状態でこれをやるのはやめましょう。

共感is全て

女の子から「この前女子会して楽しかったんだよね〜」とLINEが来た時、あなたならどう返すでしょうか。

そうなんだ!何人で女子会やったの?
へぇ〜どこでやったの?何食べた?

この受け答えはモテない男のやることです。

男と女の脳の作りは違います。男女の脳の違い
男性は解決脳、女性は感情脳と言われており、女の子はとにかく共感することが大事です。

さて、先ほどの例では何がいけなかったのでしょうか。
それは”楽しかった”ということに触れていないということです。

女性は共感が命の生き物です。共感がなければ何も始まらない、そう言っても過言ではありません。
楽しいと言われたら、”楽しかったんだね”と共感ましょう。
悲しそうにしていれば、”それは悲しいね…”と自分も悲しそうにしましょう。
言葉にして触れないと女の子は スルーされた と思ってしまいます。

せっかく楽しかったんだ!と伝えたのに、
どこで?とか何人で?と質問だけしてもテンションが下がってしまいます。

大事なのは共感アンド共感。共感さえマスターすれば、恋愛偏差値は爆発的に伸びます。

ポジティブなワードで攻める

結論から言います。とにかく好きといいましょう。
直接 あなたのことが好きです!という意味ではなくて、たとえば

古着が好きです
洋楽が好きです
カレーが好きです

やっぱり人間だもの、ネガティブな話よりも好きな話の方がいいじゃない。
愚痴、悪口で盛り上がるのは男同士でひっそりやりましょう。

そして徐々にすきなものを女の子に寄せていきます。
可奈ちゃんの話面白くてすき
可奈ちゃんの服のタイプ結構すきなんだよね
など。

キモくならないように気をつけましょう。
急に「お前のそういうとこ、すきだよ」とかちょっと気持ち悪いですよね。
恋人手前ぐらいの関係ならいいですけど、まだ知り合ったばかりとか、十分に仲良くなっていない状態でこんなこと言ったら”いやお前誰だよ”ってなりますよね。お前私の何知ってんだよとネタにされても仕方ないです。
自然であることが最も重要です。
”好き”ワードを繰り出すときには、お互いの関係性、距離を考えた上で伝えましょう。

この前の可奈ちゃんの話めっちゃ面白かった!ほんと好きだわ笑

一例ですが、実際に送るとしたらこんな感じだと自然でいいと思います。

好き以外にもかわいいなどといった褒め言葉も使いましょう。
褒められて嬉しくない人はいません。かわいい いいね と積極的に使っていきましょう。
繰り返しますが、自然さが大事です。不自然だったり、あんまりしつこく褒めてばっかりいると”いや お前褒めるの下手かよ”って苦笑いを喰らいます。

”初めて”” 変わった”というパワーワード

人間何かと初めてって好きですよね。
初めてのちゅうとかバージニアとかDTとか…
”初めて”というのはとっても大事なもの。
自分が相手の初めてになれたら嬉しい、という人は多いです

そこでLINEで使えるのが”初めて”という言葉です。
「こんなに楽しかったのは初めてだよ!」
「○○行くの初めて!」
と初めてのことはなんでもアピールしていきましょう。

あまりにも
連発すると嘘くさくなるし、誇張しすぎると不信感をもたれるのでほどほどにしておきましょう。

”変わった”という言葉も効果的です。
人間ってなかなか変わることのできない生き物ですよね
そんな人間であるあなたが、「あなたのおかげで変わった」と言えばパンチラインをかますことができます。

 

 

どうでしたか?これらのテクニック、、使えていますか?
モテる人は意識せず、当たり前のように使えています。

しかし、いきなり意識して実践してみようにもどこかぎこちなくなってしまったり不自然になってしまいがちです。
最初は”なんか無理している感”が出てしまうというものです。
ネットや本でいくらモテる知識を身につけても、実践して自分の技にしていかなければモテるようにはなれません。

身につけるにはひたすら実践あるのみですが、女友達にやって「なんか変」とか言われても困るし、身についていない状況で好きな人にアタックしたくないですよね。
そもそも女の子の知り合いがいない…という方も多いでしょう。

そこでおすすめなのがマッチングアプリです。
いわゆる出会い系ですが、わたしがおすすめしているのはメンタリストDaiGoさんが監修している「with」です。
安心安全「with」
恋愛婚活マッチ

DaiGoさん監修の性格診断が女性にウケ、女性会員の割合が多いです。
また登録している女性の多くが20代なので、自分の年に近くてかわいい子に出会える確率が高いです。

最初に性格診断をするので、自分の相性に合った女性とマッチングできるので、女性経験に自信がなくても会話しやすくなっており、恋愛偏差値をあげるにはうってつけのアプリです。

無料登録をしてから、いいなあと思った女性にいいねを押していき、お互いいいねが押されればマッチングするという仕組み。
一通目のメールを送り、二通目以降は有料会員になってからです。
LINEや話すのが苦手…という方でも、メールから始まるので気軽にやりとりをすることができます。

私は大学生のとき、”失敗して変な噂を立てられたら終わる”と思いあらかじめwithで実戦経験を積み、女心を掴む技を習得し、華々しい大学デビューを飾ることができました。
低身長で恋愛経験も全然なし、高校まで全くモテなかった私ですが、大学に入ってから彼女に困ったことはないし、バイト先、サークル、学校で女の子からよくデートに誘われます。
彼女がいるときでも「それでもいいからデートしてほしい」とまで言われるようになり、実際困っています。

マッチングアプリのいいところは、出会いがなく、コミュニケーションに自信がない人でも気軽に始められるという点。
さらに登録している女の子は「異性と仲良くなりたい、出会いがほしい、寂しいからかまってほしい」という気持ちがあるから登録しているので、恋愛経験がなくても女の子と仲良くなるハードルがかなり低いです。

withは性格診断があるので話が合う相手が見つかりやすい上、登録している男女比は圧倒的に女性が多いので、ライバルが少ないです。
他のマッチングアプリだとライバルに先を越されてしまったり、いまいち相性が合わずうまくいかないことの連続でがっかりしてしまうこともありますが、そういった点がこのアプリでは心配がないので初心者はこちらから始めるといいでしょう。
withの公式サイトを見てみる



さらにwithはマッチングアプリの中では相場よりも安いです。
まずは実際に触れてみて雰囲気をその肌で感じてみてください。

失敗しても大丈夫。
まずは経験、やってみるという行動力が大事です。

積極的に行動する人こそモテるのです。これで恋愛偏差値をガンガンあげて、困るぐらいモテちゃいましょう!

職業_男性向け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA