彼女と別れる方法【私が今まで別れた理由】

 

彼女と別れたいけどなかなか別れられない、、そんなときってありますよね。

・もう好きじゃなくなった
・価値観が合わない
・一緒にいて疲れてしまう
・お金がつらい
・毎日電話を強要してきてつらい
・常に監視されてて生きた心地がしない
このままだと死ぬ

 

いろいろあると思います。後半は私の経験談。
どんな理由があるにしろ、あなたが一度真剣に考えて別れようと決断したならば、ちゃんと別れたほうがいいです。

 

 

しかし別れようと思ってもなかなか難しいもの。
今回は別れるときのマインド、具体的な方法を伝授しようと思います。

 

傷つくことは避けられない

別れようと思ったけど、相手を傷つけてしまうのが怖い、、
気持ちはわかりますがね、なに言っちゃってるんですかって話なんですよ。
別れるのは傷つくにきまってるじゃないですか。

 

別れたいって思いながらズルズル付き合うほうがもっと残酷です。
それにもっと早く別れていれば、お互いもっといい人をそのズルズルしているときに見つけることができたかもしれない。
人は傷つけあうものです。心を鬼にして、別れを告げましょう。別れを告げる立場になるのなら、鬼神となり修羅にならなければなりません。

 

別れを告げるのは直接?電話?LINE?

私は断然、電話をおすすめします
相手の顔を見ずにすむので、情を抑えやすくなります。

 

私は、今までお付き合いさせていただいた方々は、別れようと言うと号泣するタイプでした。
最初は会って別れようと言ったものの、泣いている彼女がかわいそうで、俺がそばにいてあげなきゃ、、とその場は和解?するものの、後々一人になると、やっぱり別れときゃよかった、、なんて後悔。

 

会うと胸が苦しくなり、心を鬼にすることができないので、電話で別れを告げる道を選びました。
付き合っている関係性によりますが、LINEでも個人的にいいと思います。

 

ただ、相手から失礼なやつ、と思われ、最悪周りに「LINEで振られた」と悪者のように言われてしまう可能性も捨てきれないので、おすすめはしません。
しっかりお互い話し合いましょう。

 

私が別れたくなった理由

私は一回好きになったらとことん尽くし、基本的なんでも許しちゃうタイプです。
大学、バイト、家事全て両立しています。洗濯ゴミ捨てお掃除料理係、全部わたし。
彼女のバイトが終われば迎えにいっちゃう。
ぜんぜんいいんです。むしろ楽しい。
しかしそんな私も、自分の中のマハトマ・ガンジーも大激怒し、もうおしまいだ!!!と別れを決断しました。

 

まず毎日最低3時間は電話しないとめちゃくちゃきれられる
最低3時間ですよ、、週に4回とかじゃない。毎日。
こちらにも生活というものがありますが、余裕で無視。
向こうが寝るまで寝かせてくれません。

 

今日は疲れちゃったから、もう寝るね、、というと「私の話聞いてくれないわけ!!??」と大激怒。
本当に寝てしまうと不在着信が鬼のように並び、「おいねんな」「おきろや」といった恐怖の言葉がズラ〜っと並ぶわけです。
これが毎日続くと参ってしまいます。

 

 

そもそも男は脳の作りからして女性より会話することが得意じゃない。
毎日彼氏と電話したい!という女性は要注意。会話が好きといっている彼も、何ヶ月も毎日電話していると徐々に負担になって、爆発してしまう可能性があります。
15分電話に付き合ってくれるだけでも、男性は頑張ったほうです。ほめてあげてください。

 

デートでも洗濯を誤るとゲームオーバー。帰られます。
・エスカレーターで上に乗った(下でなければ彼女が倒れてしまったとき支えられない)
・彼女の前を歩かなかった(常に前を歩いてひっぱっていってほしいらしい)
・地図が読めなかった
・横断歩道で信号待ちのときキスしなかった

 

他にもたくさんありますが、最後のなんてもう私からしたら謎です。
女心って難しい。
なにをしたら怒って帰られるかわからないので、デートではいつも頭をフル回転。
頭の中には選択肢が並び、これを選んだら起こりそうだ、、なんて考えてました。
私に休まる暇はありません。

 

 

とうとう限界を迎えまして、別れようというと号泣し止めてきます。
最初は俺が悪かったよなんて言ってしまってましたが、電話で一ヶ月の死闘を経て、
別れることができました。
別れたいと思ったのは自分ですが、やはり好きになった人、彼女と別れることは振る側もノーダメージではすみません。

 

しかしそんな元カノにも、今では感謝しています。
おかげでエスカレーターでは自然と下にいけるし、地図も読めるようになったし、デートのリサーチもしっかりできるし、女の子をエスコートする力がつきました。
ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA