心理性別テストからわかる男女の違いとは?どうすればうまくいくのか

心理性別テストがTwitterではやっているみたいです。
このテストは心理テストを受けることで、あなたの心理は男性よりなのか、女性よりなのかかが円グラフにてわかる、というもの。
このテスト自体は実際怪しい(学術的根拠なし、運営も中国のようで、詳細不明)
真に受けないで楽しむのがいいかもしれません。

 

心理性別や、男女脳どちらか診断するテストがネットには多数あります。
自分がどちらなのか気になる、という方が多いのでしょう。
男性脳と女性脳にはどういった特徴、差があるのでしょうか。

 

また自分がどっちなのか、また男女の違いを知っていると異性との付き合い方がグッと上手になります。

特徴

男性脳の特徴
・1日の会話する言葉 約1.2万語
・理論的
・一点集中型
・挫折や力不足を嫌う
・認められたい、賞賛されたい
・仕事、車、機会などに興味関心がある
・etc

 

女性脳の特徴
・1日の会話する言葉 約2.4万語(男性の二倍!)
・感情的
・同時進行、マルチタスク
・孤独や不安感が嫌い
・共感を求める
・ドラマや、人付き合いに興味がある
・etc

男性は数学や物理が得意で、女性は英語や国語が得意という傾向がある、なんて聞いたことがないでしょうか?
これは、脳の構造に違いがあるからです。

 

女性の方が左右の脳の繋ぐ脳梁が太く、一度に流れる情報量が男性より多いので、一度に平行して色々できますが、反対に男性は一つのことに集中してしまうと周りがまったく見えなくなってしまいます。
男性は脳の繋がりが前後に強いので空間認識能力が高い。
また女性の方が気持ちや表情の読み取りが得意で、言語記憶力や社会認識力が強いと言われています。

 

 

男性はナンバーワン、女性はオンリーワン
男女では考え方、生き方が全然違います。
人と付き合っていく上で、相手を思いやることが大事と思う方は多いと思いますが、
自分は相手の立場に立ったつもりでした行為が、むしろ逆の自体を招いてしまった、、思っていた反応と違う、、なんて経験ありませんか?

 

異性の考えが理解できない、というときは
そもそも理解しようと思わないことです。
男女はもはや違う生物レベルに思考が違います。
なんで?と思ってもいつまでも理解できません。男女に必要なのは、理解することではなく知ることじゃないでしょうか。

人とはなぜかお互いを理解しようと努力する。しかし覚えておけ、人と人とが完全に理解しあうことは決してできぬ。人とはそういう悲しい生き物だ。

by 碇ゲンドウ 『新世紀エヴァンゲリオンより』

 

私の最近の話

本当はこれが一番書きたい内容でした。ただチラシの裏にでも書いてろ!と言われてもなんだか悲しいのでなんとなく有益そうな内容を上に付け足した次第であります。笑

 

私には夢があります。I have a dream!
田舎でひっそり暮らしたいのです。山奥に小屋を建て、ろくろでも回しながらしずかな生活を送りたいのです。
私は人付き合いが得意ではなく、一人でいても全然平気な人間なので、いつかは自然豊かな土地でスローライフを送りたいなんて小学生から考えていました。
このことを彼女に嬉々として熱く語ったところ、さっぱり共感してくれませんでした。共感どころか、

 

「えーそんなのやだ。」

 

お??

私は田舎の良さについて熱い想いをぶつけたはずだ。
『スティーブジョブズ 脅威のプレゼン』だって読んだのに、、私の小学生からの夢である。

しかし一瞬で一蹴されてしまった。

「あなたは一人でも楽しいかもしれないけど、私はどうするの?確かに自然は綺麗かもしれないけお、買い物だっていきたいし、友達とも全然会えなくなるじゃん。別荘を建てるっていうのなら賛成!」

こうして私んの夢は散ったのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA