モテる男は意識せずやっている?女の子との初対面ですべきこと

人間は出会った最初にその人の印象というものが決まります。
第一印象が悪ければ巻き返すのは難しいし、労力もかかります。
逆に第一印象がよくすることができればそのあとのコミュニケーションはスムーズに進めることができます。

確かに第一印象がよければハードルがあがり、そのあと下がり続けるという恐れもありますが、悪いよりはよっぽどいいです。
また第一印象とかけ離れた行為をしない限り嫌われたりしません。

第一印象、会った最初の瞬間が勝負です。
今回は誰でも実践できる”女の子と最初にあったときすべきこと”を紹介していきます。

5秒見つめる

会ったらまずじっと5秒間目を見つめましょう。
やってみると意外と長く感じると思います。
普段相手と目をどのくらい合わせているでしょうか。
人間のアイコンタクトの時間は1秒前後で、5秒もびっくりするほど長く感じることでしょう。
しかもその対象が初対面の女の子。
慣れないうちは緊張しますが、あくまで冷静に、いつも通り、自然に、そう、たまたま見とれてしまったという感じで相手の目を見つめるのです。

なぜこれが大事かというと、一目惚れという現象が起こったときの 見とれている時間はおよそ5秒だからです。
これを意図的にすることで相手の潜在意識にうったえかけ、強い印象を残すことができます。

 

身なりを整える

もし初めて会った子が、髪はボサボサ、唇はガサガサ、腕毛は剛毛、眉毛も繋がる勢いだったらどうでしょうか?
顔立ちが整っていてかわいくてもちょっと引きますよね。
いややばくねーかこの子…顔はちょっとかわいいけど大丈夫かこれ…関わらんとこ…ってなりません?

男も同様です。
最初に会ったときに、ヒゲもじゃで頭は寝癖、服も変な英字プリントのコンボをかましていたらもうそこで試合終了。
人は見た目ではなく中身こそ重要ですが、何も知らない初対面では中身もくそもありません。

見た目が100パーセントです。

服装に気を配り、顔と体は清潔にし、姿勢をよく、表情に気をつけましょう。
これら全てをクリアすれば第一印象が悪くなる…ということはないでしょう。
ただこれをすれば第一印象がめちゃくちゃいいとまでは期待できず、やって当たり前、やらなきゃやばいというもの。
清潔感を手に入れてようやくスタート地点に立てるのです。

ムダ毛も絶対に処理すべきです。
デリケートな内容なので指摘する人はなかなかいません。
もしかしたら気づかないだけでムダ毛で損しているかも?
ここで男のムダ毛の悩みについて詳細に解説しています。
モテる男は密かに処理してます。
服装はこちら

 

光を味方につけろ

光を背負いましょう。

たとえば太陽が出て入れば、太陽をバックにポジションをとりましょう。
光を見続けていると当然ですが「ウワーマブシー」ってなりますよね。
ウワーマブシーってなってると目が疲れてきますよね。
目が疲れてくると人間は受動的になります。

今がチャンスです!!!!!!!!!

そのときに告白やデートの申し込みをしましょう!!!!サンシャイーーーーーーン!!!!!!!!!!!!

 

ミラーリングをしよう

ミラーリングとは相手の動きを真似ることです。
相手が水を飲めば自分も水を飲み、相手が腕を組めば、自分も腕を組むといった具合です。
ミラーリングをすることにより、”ぼくはきみと同じ属性なんだよ、だから仲良くしてね”というメッセージを潜在的に送りつけることができます。

気をつけなければいけないことは、さりげなく、自然にしなければいけないことです。
ミラーリング、ミラーリング…なんて真似することばかりに意識がいってしまうと真似のクオリティは落ち、”さっきからこの人真似してきてる?”と気づかれてしまいます。
ミラーリングは潜在的にうったえる行為なので気づかれたらおしまい
慣れないうちは無理してやろうとせず、できそうなことだけやっていくことが大切です。

 

ちなみに私はあまりにもコピーすることにこだわった結果ミラーリングがバレ、”人の真似をするふざけたやつ”と思われることに成功しました。
髪を結ぼうとする仕草を真似しようとしてバレました。
俺、男なのに。バカすぎて笑います。
おかげで”変なやつ”として友情を育むことに成功し、今ではばっちりとてもかわいい美人の友達です。

初対面の会話術はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA