本当は教えたくない!ガチでモテるようになった恋愛本4選

私は本当にモテず、容姿にも恵まれず、恋愛とは無縁の生活をしていましたが、努力の末モテるようになりました。
モテるようになった過程

モテるように様々な努力をしてきた訳で、恋愛本もたくさん読み漁りました。
何百冊も読んでいると、書いてある内容はどれも同じようでつまらなくなってきました。
しかしその中でもこれはよかった 効果があった モテるようになった 本質をついている
そう感じた本を個人的に選びました。

今回選んだ本は友人には絶対に教えたくない、自分で独り占めしたくなるような良書です。

恋愛本を何冊も読んだだけではモテるようになりません。
必要なものだけ選んで、本を読む時間よりも実践する時間を大切にすることこそがモテることへの近道です。

オクテ男子のための恋愛ゼミナール

オクテ、草食系男子のための恋愛本。
女性目線で書かれているので情報の信頼度がかなり高いです。
オクテ、草食系じゃなくても読む価値はあります。

この本に書かれていることを片っ端から理解し、実践すればモテます
私はモテました。
恋愛の本質をついている_この本を読んでそう思いました。
男の勘違いや”こういうときどうしたらいいか”がQ&A方式で書いてあり読みやすいしわかりやすい。

そこらへんにある小手先ばかりのテクニック本とは違います。
女心というのがどういうものか掴めるので、女性経験がなければないほど目から鱗状態。

びっくりするのはまず夜の営み講座から始まり、半分以上がそれです。
不安になりますが、順番に最後まで読んだ時その訳がわかるでしょう。

ストリートナンパでガンガン入れ食い状態を目指すぜ!という人にはあまり向いてないと思います。
またゼミナールということで結構上から目線なのでプライドが高い人は読むのが苦痛かもしれません。

彼女がいる今でも定期的に読んでいる本。

 

ベッドの上の心理学

メンタリストDaiGoさんの本。
実際の恋愛テクニックではなく、夜のテクニックがメインの内容。

これを完璧にマスターしておくと、女性とワンナイトで終わることがなくなります。
むこうからお誘いがあり、リピーターになってくれるのでおすすめ。

LOVE理論

本を読むのが苦手!という人でも読んでいて爆笑必至、抱腹絶倒の文章です。

正直これでモテるようになったかは定かではありません。
はっきり言ってここが使えた!とかいう実用的なところが思い浮かびません。
文章が面白すぎるから

あまりの文章の面白さに内容が頭に入ってきませんが、何回か読んでくうちに、”本当に言いたかったのはこういうことか”と思えるようになったとき、あなたはモテているはずです。

別にモテなくてもいいやという人にも読んでほしいぐらい面白いです。

恋愛ゼミナールが女性目線なのに対し、こちらは圧倒的に男性目線です。
二つを読み比べて研究すればあなたの恋愛偏差値は早慶レベルに達するでしょう。

 

人を動かす質問力

何やら恋愛とは直接関係なさそうですが、この本で会話力を激的にあげることができます
会話力はモテるためには必須のスキルです。

私は話すことが苦手で、女の子と2人になるときょどったり沈黙に陥るほどのコミュ障でしたが、この本に書いてあることを実践するようになってから、女の子とご飯に行った時必ず「今日は楽しかった!絶対2回目もやろ!いつ空いてる?」と2回目のデートの日程をすぐさま決めようとしてくるほどになりました。
会話に自身んがない人は必ず読みましょう。
自身がある人も驕ることなく読んでみてください。

もちろん恋愛だけでなくビジネス、友人まであらゆる人間関係で役立つ情報がぎっしり詰まっているので読んで損することはありません。
本当に読んでよかったです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA