当ブログについて (自己紹介)

このブログの生い立ち

このブログを立ち上げた最初のきっかけは、童貞で彼女ができないと悩むMのために立ち上げた恋愛ノウハウをまとめたブログでした。

LINEで相談に乗っていたけど、方法論とか長くなりがちだし、スクロールして見返すのがダルいというMのためにブログという選択肢を選びました(自分いいやつすぎでは?)

結果から言うと、Mには彼女ができて無事巣立っていきました。
そこで当ブログの目標は達成、ということで恋愛の記事は(なぜか)消して、趣味でいろいろ書いていたりしたのですが、初心に帰って彼女がなかなかできない、全然モテない男子大学生のためのブログを作っていこうと思います。

偉そうに恋愛ノウハウを語れるほどお前はモテるのかという意見が飛んできそうなので、自己紹介をしておこうと思います。

 

スペック

・身長160ぐらい
・スタイルは悪め(足が短い)
・顔がでかめ(ガチコンプレックス)

こんなスペックですが、告白して振られたことはありません。勝率100パーセントです。付き合ってから振られたこともありません。

バイト先やサークルではほどほどにモテたと思います。
何人からも言い寄られて困っちゃうわ〜!!というのは体験したことありませんが、自分のルックスを考えると十分だと思います。
ちなみに彼女いるときほどモテるという噂は本当です。

 

ガチ陰キャラだった過去

私は高校生まで美少女アニメ大好きな太っちょの陰キャラオタクでした。一番好きなアニメは魔法少女リリカルなのは。
モテるどころかリアルに女子にキモがられていて、思い出すだけで頭痛がします。
高校の時は受験勉強ばかりでモテるどころか男友達すらいない暗黒時代。

教室でハルヒを読みながらテラワロスwwwて声に出していた時なんてもはや別人かと思ってます。

洋服もお母さんい買ってもらったものだけ着て毎日2chとアニメを見てオタク生活は充実していました。

※今でも美少女アニメは好きです。オタクをバカにしているつもりはいっさいありません。自分は”痛い”オタクでした。

 

底辺の浪人時代

モテないし友達もいないし受験は現役で全落ちして人生の負け組感にボコボコにされていました。
予備校に行くお金がなかったのでコンビニでバイトしながら宅浪をすることに。
女の子に関わることがなく髪もヒゲも伸びっぱなし、肥満体型は加速。コミュ力もなし。まじの終わりを感じました。

ようやく大学が決まり、4月から夢のキャンパスライフだ!と思ったとき、鏡に映る自分の姿を見て”これでいいのか”ともう一人のぼくが囁いたんですよね。(いやよくない)

このまま大学いったら今までと同じ___オレは、今変わらないといけない。We need change,yes we can.

そこでとりあえず美容院に行って、鬼のようにダイエットしました。1ヶ月で73kgから54kgの減量に成功。多分今はもうできません笑

 

大学時代

コミュ力がなかったので、大学1年の前半はぼっちでした。昼飯はいつも一人でカップ麺を食べてました。別に寂しくねーし!好きで一人でいるんだよっていう顔をしていたと思います。

このままでは大学生活が終わると思い、遅めではあったもののテニスサークルに入る。
サークルって新入生にたくさん入ってほしいので(入るまでは)死ぬほど優しくしてくれます。かわいい先輩がめちゃくちゃ話しかけてくれて、コミュ力がなかった私はあたふたするばかり。

そこで私は決意を新たにします。このサークルで頑張ってコミュ力磨いて友達作ろう。最悪サークルはたくさんあるし気まずくなったらやめればいい。

そこでいろいろ頑張った結果ぼちぼちモテるようにもなったし、彼女も作ることができました。
ガンガンに先陣を切り戦いの真ん中に身をおき、最初は失敗することもあったけど最終的には年下も年上からも好かれるように。

その状態で新しくバイトを始めたら、人間関係も好調でぼちぼちモテました。

 

最後に

結局何が言いたいかと言うと、自分がいかに非モテだとか、ブサイクだからとかいう理由で諦めてほしくない。
私はモテるどころか友達すらいない暗い学生生活が大半でしたが、今では楽しく毎日を過ごせています。

繰り返しますが、私はイケメンじゃないし、チビだしデブだったし顔もでかいし足も短いです。
コミュ力も皆無でした。

それでも彼女は作れるしある程度モテます!
今絶望の淵にいる男子大学生。自分なんて…と諦めている男子大学生。諦めるな。
一緒にがんばりましょう、私もさらに男を磨くべく、努力していく所存です。

 

今後について

恋愛ノウハウだけでなく、今後は自分の勉強のアウトプットの場所としても使っていきたいと思います。
アウトプット前提で読んだ方が頭に定着するし、考えながら読めるんですよね。
あとは備忘録的な感じで文章に残しておくと後々役に立つと思ったからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA