社会人になれてマジで良かった

社会人になってよかった。
今は心からそう思っています。

学生の時はといえば、会社員になるのは嫌だととがり続けていました。
自分はそのうち起業するんだ。個人事業を立ち上げてやるんだ。
具体的な案はないまま、でも在学中に自分にはできると根拠のない自信を抱きながら毎日のようにアルバイトをしていました。

社会人になって嫌々仕事をしている先輩たちを心のどこかでバカにしながら自分は特別なんだと思い込みながら虚無な学生生活を送っていました。
そんな私も、今年ようやく社会人になることができました。
あぁ。社会人になれて本当によかった。

自分は特別なんかじゃない

自分は特別でもなんでもないです。これに気づくまでにかなりの時間を要してしまいました。
なまじ学費やら家賃やらを自分で払いながらブログをやったり転売したりFXしたりしてたので、”周りとは違う”という思い込みが発生。

大学での周りの人たちは親からお小遣いもらったり、バイトすら全然してないし勉強もしてなくて遊んでばっかりでした。
さらに悪かったのが、周りから「会社員っぽくない」「起業しそう」なんて言われて、それらを真に受けて自分は起業して金持ちになる運命なんだとすら思っていました。

でも自分は特別なんかじゃない。
いろいろ失敗して借金(クレカがほとんど)が150万ぐらいになって、結局アルバイトしてお金を稼ぐことが一番手堅いという結論に。

そこで反省した私は、ほぼ毎日ファミマで夜勤。起業や副業は一切考えず、愚直にアルバイトしました。
なんとかほとんど返しましたが、ほんとにしんどかった。
これでようやく自分は特別なんかじゃなかったんだ、って認めることができたんですよね。

社会人になって

就職活動をしてようやく社会人になれたわけですが、学生の時に想像していた社会人のイメージと今とではギャップがありました。

就職活動で得るものは多かったし、同期にも恵まれました。仕事もやりがいがあるし、自分に合っていると思って入社したのでさほど苦ではありません。

仕事は嫌だ、社会人の楽しみは金を使うことだけだとよく大学やアルバイトの先輩が言っていました。
それは単に労働が嫌いなのか、人間関係で苦労しているのか、仕事内容が自分に合っていないのか、理由はわかりません。
でも私は今、毎日楽しい。お金がなくて社会的に弱い立場の学生になんて戻りたくない。

こんなことならはやく就職しておけばよかったと思うけど、そうしていたら仕事が嫌だというかつての先輩たちと同じになってしまう気もするので、苦労もひとしお?ということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA